コンビニで気軽に介護相談

コンビニ大手のローソンは

7月3日、秋田市千秋久保田町のローソン秋田駅西店を

介護相談窓口を併設したコンビニ店としてリニューアルオープンしました。

 

ローソンは

2015年から介護拠点を設ける店舗「ケアローソン」を全国に展開していて

今回が25店目となります。

 

介護の相談窓口として、誰もが足を運びやすい場所にある

何かのついでに相談できる

軽い気持ちで相談できる

という環境作りは非常に大切なことかと思います。

 

現状、多くの介護相談を受ける事業所は、

事業所単体で事務所を構えていたり

福祉施設の中にあったり

中には、雑居ビルの2階、3階だったり

個人宅であったりすることもあります。

 

気軽に相談というよりは

本当に介護で悩んでいたり、困ったりしてからでないと

足を運びにくいと感じる人もいるかもしれません。

 

 

本来であれば、介護が必要にならないように

介護を未然に防ぐために、事前に相談できる環境が大切になるかと思います。

 

気軽に立ち寄れる介護事業所の場所でいうと

コンビニ以外にも

ドラッグストアやショッピングセンターなどに併設された事業所もありますが

全体の数と比較すると、まだまだ少ないのが現状かと思います。

 

今後も、今回のローソンとの併設のように

何かのついでにふらっと相談できる場所に

介護相談の事業所が増えていくと良いですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。