テレワークの導入が進まない理由

@DIMEというWEBサイトで

士業事務所のテレワーク導入率が36%と低い理由とは?

というテーマの記事が掲載されていました。

 

記事の中では

テレワークが進まない理由についてのアンケート結果が示されています。

一番多い理由が「職員の自宅環境(パソコンやネット環境がないなど)」(38.6%)

となっていました。

 

いくつかの理由が並んでいますが、

よく見てみると、どうしても難しい問題というよりは

IT環境の整備や業務の見直しを行えば

実際に導入できるように思えます。

 

費用がかかる部分もあるかもしれませんが

いまだからこそ活用できる助成金も国や自治体ごとに整備されています。

 

あくまで、士業の方へのアンケート結果であり

それぞれの業種で、異なる理由もあるかと思います。

もちろん、テレワークではできない仕事もあります。

 

どの職種にせよ、もしテレワークが導入できない理由が

「自宅の環境整備ができていない(パソコンやネット環境がない)」という理由であれば

解決できない課題ではないかと思います。

 

当社でもご自宅のネット環境作りのお手伝いをしております。

シニア向けパソコン・スマホのサポートサービス

 

 

今後、ますますオンライン化が進んだ場合に

今まで通りの仕事の仕方では

業務効率が悪くなることがあるかもしれません。

将来を任せる人の採用が難しくなるかもしれません。

 

今の時代に合わせた働き方ができるように

少しずつでも環境整備や業務の見直しを

行っていく必要があるかと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

特例の延期

次の記事

オンライン法要