介護従業者向けの感染対策eラーニング(その2)

11月9日、厚生労働省は

介護サービスの職員と管理者向けに

感染症対策の研修教材を作成し、公開しました。

介護保険最新情報vol.888(PDF資料)

 

そして12月2日

感染症対策について

新たな教材を追加したことが通知されました。

介護保険最新情報vol.891(PDF資料)

 

公開された教材は

指定されたサイトからアカウント登録し

そのサイト上に公開されている動画を見て

研修を受講できるようになっています。

 

今回、新たに7項目が追加されました。

・介護サービス提供の場で行う感染対策 【11 月9日公開】
・標準予防策と感染経路別予防策 【11 月9日公開】
・感染拡大防止のための職員の健康管理 【11 月9日公開】
・生活の場における高齢者の健康管理 【12月2日公開】
・介護サービスを提供する際の衛生管理 【12月2日公開】
・手洗い、個人防護具の適切な使用 【12月2日公開】
・感染予防策を踏まえた介護・看護ケア(平常時・感染症流行時)【12月2日公開】
・感染症発生時の対応(濃厚接触者・陽性者発生時を含む) 【12月2日公開】
・家族等への支援 【12月2日公開】
・感染症による死亡への備え 【12月2日公開】

 

すでに厚生労働省から発信されている

研修動画や感染症マニュアルなどの内容と

重複する部分も多くありますが

 

この研修動画サイトでは

項目ごとにまとめて解説され

確認用のテストまで用意されています。

 

 

今また、気候の変化とともに

感染者数が増加している時期でもありますので

感染対策の再確認の意味も含めて

研修動画を活用してみてください。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。