介護施設の種類

介護が必要になって

自宅で介護することが困難な場合

介護施設を探すという手段があります

 

介護施設といってもその種類がさまざまあります。

〇特別養護老人ホーム・・・要介護3以上の方が対象となります。比較的介護度が重度の方が入所します。公的施設となるため料金は安めです。ただし、入居希望者が多く、待機が必要な場合があります。

〇老人保健施設・・・病院からの退院後、すぐに自宅で生活するのが困難な場合に、リハビリのために入所します。基本的には、リハビリしてご自宅に戻ることが前提となります。公的施設となるため料金は安めです。

〇有料老人ホーム・・・介護付き、住宅型、健康型の3種類があります。介護付きは24時間の介護サービス付き、住宅型は必要に応じて介護サービスを選択、健康型は基本的に介護を前提としない施設となります。民間企業が中心に運営しているため料金はピンキリです。入居一時金等の費用が必要な場合があります。

〇サービス付き高齢者向け住宅・・・高齢者向けの賃貸住宅に介護サービスがついているイメージです。自立の方から介護が必要な方まで入居対象となり、必要な介護サービスを選択して生活するイメージです。

〇グループホーム・・・認知症の診断を受けている方が対象となります。少人数で家庭的な環境のもと生活する施設です。

 

それぞれ基本的な部分を記載しています。

施設ごとに特徴やルールがあったりしますので、

介護施設を検討する際は、必ず複数の施設を見学することをお勧めします。

 

また、施設に入れば最期まで安心と思われる方もいますが、

健康状態によっては、施設から出なければならない場合もあります。

退所の条件等も入所前に確認いただいたほうが安心です。

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。