地域活動再開の動き

地域ごとに、健康維持や介護予防の取組みとして

体操教室や茶話会、趣味活動の集まりなどが行われています。

 

それが、新型コロナウイルスの影響を受けて

各地での活動が中止されていました。

 

その中止されていた活動も、

先日の緊急事態宣言解除を受けて

再開に動くところも出てきているようです。

 

そして、感染症予防に十分配慮しながらの活動ということで

新たな活動も動き出しているようです。

 

具体例としては・・・

  • ボランティア等が参加者宅を巡って声かけ
  • テレビ電話を活用して、自宅にいる高齢者に声かけ・体操等を実施
  • 所定の場に投函箱を設置し、参加者が「元気ですカード」を投函。カードをとりまとめて掲示
  • 通いの場参加者等が予防の一環として地域企業等の支援を受けつつ自宅でマスクを作成し、介護事業所等に配布。マスク配布時には応援メッセージを添える。

などなど

 

新型コロナウイルスの影響を受ける前から参加されていた方々には

地域ごとでの案内があるかと思いますが、

そういった地域活動に参加したことがなかった方については

これを機会に活動に参加しても良いかもしれません。

 

地域でどんな取組みがあるかは、

近隣の地域包括支援センターまたは市区町村役場まで

お問い合わせしてみてください。

 

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

ストレス相談窓口