料理で介護予防

外出自粛の期間中

自宅で料理を始めた方も多いと聞きます。

 

「料理をすること」

そのこと自体が

ビジネスマンには発想力を鍛えることにつながり

高齢者には介護予防、認知症予防につながると言われます。

 

今では、インターネットを使って簡単に

レシピのまとめサイトを見たり

動画を見たりすることができますが

最初の内に、何度かレシピ通りに作ってみた後は

自分でアレンジして調理してみることが

発想力の向上につながるとのことです。

 

本来であれば、食器選びからイメージすることがおすすめです。

食器の色や形に合わせて

どんな食材を調理して

どんな盛り付けをすると美味しそうになるか

そこからいろいろイメージすることが、発想力の向上につながり

高齢者には、認知症予防につながります。

 

男性の場合は、料理をしない方が多いかと思いますが

まず手始めにという方

勉強できて、料理も学べて、健康にもなれる

以下の動画はおススメです。

 

ぜひ参考に

料理にもチャレンジしてみてください。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

つまずき予防のために

次の記事

健康増進普及月間