新型コロナウイルス接触確認アプリリリース

本日、6月19日

新型コロナウイルス接触確認アプリがリリースされました。

厚生労働省のサイトはこちら

 

アプリの名称は「COCOA」

COVID-19 Contact-Confirming Applicationの略とのことです。

 

早速インストールしてみました。

 

概要は、厚労省のサイトの

新型コロナウイルス接触確認アプリについて(概要

新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA(ビラ)

にまとめられています。

 

簡単に抜粋して紹介すると、

通知は1日に1回程度

新型コロナウイルス感染症の陽性者が、本人同意のもと、陽性者であることを登録した場合には、

その陽性者と過去14日間に、概ね1メートル以内で15分以上の近接した状態の可能性があった場合に通知され

通知を受けた後は、自分の症状などを選択すると、

帰国者・接触者外来等の連絡先が表示され、検査の受診などが案内されるとのことです。

 

なお、陽性の登録は

保健所から通知される処理番号の入力が必要となるため

いたずらでの登録はできないようになっているようです。

 

 

特に、普段、高齢者や基礎疾患のある方と関わる人は

リスク管理のひとつとしてインストールしてみても良いかと思います。

 

自分自身が感染源になってしまわないよう

できる限りのことは対応しておきたいものです。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

薬の飲み合わせ

次の記事

医薬品情報の改定