IT導入補助金と感染対策支援金

今現在

介護事業所がITツールを導入する際に

活用できる支援事業が2種類存在しています。

 

ひとつが、IT導入補助金

IT導入補助金2020

もうひとつが、感染症対策支援事業

感染症対策支援事業等

 

対象要件はそれぞれ異なり

IT導入補助金の場合は

特定のIT導入支援事業者から導入することが条件となり

申請の最終締切は、11月2日までとなっています。

 

感染症対策支援事業の場合は

感染症対策のためのICT機器の購入またはリース費用が対象となり

厚労省で示されている期限は令和3年3月31日までとなります。

※期限は都道府県により異なりますので、自治体にご確認ください。

 

今まで、システムやIT機器などの導入を

検討したことがない事業所様にとっては

その費用を支援してもらえる良い機会になるかと思います。

 

IT導入補助金の場合は

特定の事業者からの導入が必要になりますが

感染対策支援金については

行政への確認も必要ですが

ある程度、幅広く補助対象とすることも可能です。

 

例えば、オンライン面会のためのタブレット機器の購入などは

感染対策支援金で申請することが可能です。

 

ぜひこの機会に

感染症対策はもちろんのこと

通常業務の改善、効率化も考え

IT機器の導入も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。