『BABA lab』の取組み

2011年、埼玉県さいたま市で

100歳まで働けるものづくりの職場『BABA labさいたま工房』をオープンし

「長生きするのも悪くない」と思えるための仕組みを生み出す活動をしている

『BABA lab』という組織があります。

BABA lab

 

主に

  • BABA白書(マーケティング事業)
  • 課題解決lab(コラボレーション事業)
  • 場づくりlab(コミュニティ事業)

の3つの事業を実施されていて

 

実際に

「長生きするのも悪くない」と思えるための

仕組みを生み出すための「プラットフォーム=場」を7つ運営しています。

※詳細はホームページをご確認ください。

 

全てのプラットフォームが興味深い内容で

ぜひとも全国に広がって欲しいと思えるものばかりです。

 

介護の分野においても

そのプラットフォームがあることで

一人暮らし高齢者の孤立の解消、介護予防や認知症予防にもつながり

地域包括ケアシステム構築のための拠点にもできそうです。

 

 

BABA labさんのホームページには

有識者の方や同様の活動をしている方との対談やインタビュー内容

実施しているイベントや講座について

50代〜70代の女性100名に聞いたアンケート結果

などなど

興味深い内容が満載です。

 

シニアの方、活動の場を探している方

コミュニティビジネスを考えている方などなど

ぜひ、BABA labさんのホームページをのぞいてみてください。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。