オンライン法要

8月6日、テレビ東京で放送された「カンブリア宮殿」では

浄土真宗本願寺派 築地本願寺 宗務長安永 雄玄(やすなが ゆうげん)さんをゲストに

築地本願寺の寺院経営について放送されました。

 

築地本願寺の寺院経営については

去年11月にも同番組で取り上げられており、

寺離れが進み参拝者が減る中、人を集めるための改革として

入場無料のコンサートの実施、本堂にカフェを隣接、合同墓を設置するなど

革新的な寺院経営を行っているとして放送されていました。

 

そして今回

コロナの影響を受け、人が減ってしまった中で

新たな試みが行われていました。

 

それが、オンラインの活用です。

動画配信サービスを活用してオンラインでの法要を実施しています。

 

それだけでなく、YouTubeで築地本願寺チャンネルを開設して

寺社の様子のライブ配信も行っています。

さらに、会員制のセミナーや講座などもライブ配信で行っています。

コロナの影響で人離れが進む中

オンラインを活用して、人とのつながりを作り出そうとしているとのことです。

 

オンラインを活用した法要については

「意味がない」「ありがたくない」という意見ももちろんあるようですが、

行かずに済ますのではなく、やって良かったという意見もあるようです。

何もしないよりは、オンラインでも実施することで安心につながることもあるのかもしれません。

 

コロナの影響でなくても

高齢になって、足腰が弱くなり、

移動がつらい、階段の昇り降りがつらいという人にも

オンラインを使って法要ができるということが

安心につながるかもしれません。

 

 

当ブログでは、繰り返し触れてきていますが

オンライン化の動きは様々な分野で進んできています。

オンラインに対応するには、顧客側の準備も必要になります。

 

ご自宅にインターネット環境がない

パソコン、スマホを持っていない

という方、早めに準備いただくことをお勧めします。

当社でサポートも行っております。

必要に応じて、お気軽にお問い合わせください。

シニア向けパソコン・スマホのサポートサービス

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。