オンライン診療には規制がある?

新型コロナウイルスの病院内での感染を防ぐため

ビデオ通話などで行うオンライン診療が注目されています。

 

しかし、

現状では、初めて診察を受ける場合には

必ず対面での診療が求められているため

オンライン診療の活用はできません。

 

その規制の見直しについて、

昨日、厚生労働省で検討会が行われていました。

見直しに関する検討会の資料はこちら

 

院内感染を予防するためにも

できれば、初診からオンラインでできるように見直して欲しいものですが

なかなかそう簡単にはいかないようです。

 

そもそも

去年の11月に厚労省が公表している資料(検-2-1.右下ページ番号10)では

実際にオンライン診療を実施している

病院が全体の24.3%

診療所については16.1%

という状況で、広く普及しているとは言えない状況でした。

 

今回のコロナ騒動で

よりオンライン診療の必要性も注目され、

規制見直しの声も大きくなるものと思われます。

 

法律上の問題、診療報酬の問題、運営体制の問題等

検討しなければならないことは様々あるかと思いますが、

見直しが必要な部分に関しては

全国の人が、より安心して生活できるように

改善してもらえるとありがたいです。

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。