オンライン診療の最先端

VR(ヴァーチャルリアリティ)を使った遠隔診療が

すでにいくつかの病院で試験運用されているようです。

 

情報は、4月23日テレビ東京で放送のカンブリア宮殿から

世界を変える医療 第2弾【もう神の手はいらない!?VRで最先端医療】

 

今のオンライン診療では

電話やテレビ電話、パソコン画面を使った診療がメインになりますが

平面で臨場感がないために、うまく会話が成り立たない場合があるとのこと。

特に高齢の方の場合は、テレビ画面と話しをする状況になるため

返事をするだけになってしまうという課題があるようです。

 

一方、VRを使って立体的にとらえることにより

回り込んで確認したり、腫れている部分を確認したりできる。

何より、患者さんにとって

「相手に分かってもらえた」という安心感につながるとのこと。

 

導入をすすめるうえでは課題もありそうですが

「安心感を与える」というのは大切なキーワードになりそうです。

 

近い将来、VRを使ったオンライン診療が主流になるかもしれません。

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。