ケアマネジャー業務をケアマネジャー協会が支援

新型コロナウイルスの感染拡大で、介護が必要な高齢者の支援にあたるケアマネージャーの感染リスクが高まる中、人員に余裕がない小規模の事業所では、所属するケアマネージャーが感染した場合に、支援が滞る恐れが指摘されています。
こうした事態を避けるため、「江戸川区ケアマネジャー協会」は、複数の事業所の情報を一括して把握し、ほかの事業所のケアマネージャーが一時的に支援を代行できる新たな取り組みを始めました。

NHKニュース

 

新型コロナウイルスの影響により

介護施設等で万が一人員が不足した場合

介護施設や事業所間で連携して

職員を派遣する取り組みは

始められていました。

 

今回のニュースでは

介護の相談窓口となる

ケアマネジャーが対応できなくなった場合に備えて

利用者さんやご家族さんが困らないよう

代行のケアマネジャーを紹介し支援する

という取り組みを始めたということでした。

確かに

介護現場で直接介護に携わる人たちも大切ですが

介護の窓口となる人たちの役割も大切です。

 

医療面でいうと

医療現場のサポート体制に加え

保健所のサポート体制も大切です。

 

 

考えてみると

現場で直接関わる人以外にも

影で支えてくれている人たちは大勢います。

 

日々、支えてくれている人たちがいることも忘れずに

感謝の気持ちを持っていたいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。