デイサービスでeスポーツ大会

2022年2月22日2時22分(ゲン担ぎで2並びの日時にしました)から東京都墨田区のオレンジデイサービス(株式会社foryou運営)において日本でデイサービスとしては初めてのeスポーツ大会が開かれました。senkenの大相撲アプリで携帯を操作し、対戦しました。ニューロトラッカーも対戦競技として行いました。大正生まれの方も参加され、年齢、障害、性別。場所を超えるeスポーツはデイサービスのレクリエーションとして大きな可能性があることがわかりました。今回は1か所でしたが、次回はグループのデイサービスとつなげて行いたいとおもいます。そしてこのeスポーツ大会の和が全国に広まり、全国をネットでつないだ大会が行われるようにこれから大会の企画、運営を行っていきたいとおもいます。

シルバーeスポーツ大会が墨田区のオレンジデイサービスで開かれました(バリュープレス)

 

実際のeスポーツ大会の様子の一部が

YouTubeでも公開されています。

 

今回のeスポーツ大会については

自立支援や介護予防の取り組みにつながるもので

高齢者がデジタルツールを扱うきっかけにもなりそうです。

 

また、デイサービス同士の横のつながり

だけでなく

日本全国

世界にもつながれる仕組みになっています。

さらには

世代間の交流にもつながる。

介護人材確保のきっかけにもなるかもしれません。

 

様々な広がりの可能性を感じられます。

 

若者が行うeスポーツ大会とは

だいぶ印象が異なるかと思いますが

こういった新たな取組みについては

生活環境の変化にあわせて

積極的に取り組んでいくべきものかと思います。

 

実施するにあたり

内容によっては

介護保険制度の枠に当てはまるものかどうか

行政への確認が必要な場面もあるかもしれません。

 

ただ

今まで通りのサービスが当たり前として

変化しないことは

良い状態とは言えないかと思います。

 

今回のような新しい取り組みが

積極的に実施されるようになると

介護業界全体も面白くなるかもしれません。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

処遇改善加算の配分