レスパイトケアの目的

レスパイトケアとは

在宅介護の要介護状態の方(利用者)が、福祉サービスなどを利用している間、介護をしている家族などが一時的に介護から解放され、休息をとれるようにする支援のことです。
具体的には、介護保険の通所系のサービスやショートステイ(行政が行う緊急ショートステイもあります)などがレスパイトサービスですが、インフォーマルサービスとして、普段は介護していない親族や、友人、近隣などが支援することも挙げられます。
これは介護をする側へのケアですが、その大きな目的は、在宅介護の継続が可能になることにあります。
介護者がほっと一息つくことで心も体もリフレッシュし、介護疲れや共倒れを防ぐことができること、利用者も気分転換や家族の介護を客観的に見ることができ、主体的に介護を受けることができるなど、利用者の視点でのメリットも大切にする必要があります。

介護情報サービスかながわより

 

説明の最初の一文だけ読むと

家族が休息をとれるようにに、福祉サービス事業者が一時的にお預かりする

という内容で

福祉サービス事業者は、お預かりして必要な介護のお世話をすることが目的

ととらえられる可能性があります。

 

今回赤字にさせていただきましたが、

大きな目的は、在宅介護の継続が可能になること

です。

 

「介護者の一時的な休息」ももちろん必要ですが、

在宅介護の継続を可能にするために、どんなサービスを提供するか

が大切です。

 

レスパイトケアを特徴としている福祉サービス事業者は

ただ単にお預かりするだけ、お世話するだけではなく

在宅介護の継続が可能になるために行うサービス内容を

説明する必要があります。

 

介護者側は、一時的でも介護の負担から解放されるために

預かってもらえる事業所ならどの事業所でも構わない

という方もいるかもしれません。

 

ただし、福祉サービスの種類は複数あります。

同じサービス種類の中にも、多くの事業者があります。

もし、福祉サービス事業所を選ぶことが可能であれば

それぞれの事業所がどんなサービスを提供しているのか

聞き比べてみるのも良いかもしれません。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。