ワクチン接種後の心筋炎や心膜炎について

10月15日、厚生労働省は

10代・20代の男性に

ファイザー社とモデルナ社の新型コロナウイルスワクチン接種後

ごくまれに

心筋炎、心膜炎を発症する事例が報告されたことから

 

10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ

として

「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について」

という案内文を掲載しました。

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(pdf資料

 

内容としては

コロナに感染した場合にも心筋炎・心膜炎になることがあり

ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いということ

 

また

モデルナ社のワクチンよりもファイザー社のワクチンの方が

心筋炎・心膜炎が疑われた頻度が低いことから

モデルナ社のワクチンを予約中の方や

モデルナ社のワクチンをすでに1回接種している方も

変更してファイザー社のワクチンを受けられる

という内容が記載されています。

 

コロナワクチンQ&Aのサイトにも

心筋炎・心膜炎について解説されています。

新型コロナワクチンQ&A(厚労省)

 

 

ワクチンを接種しないという選択肢もありますが

コロナに感染した場合のリスクの高さについても

解説されています。

 

ワクチン接種に対して

いろいろと不安になるような情報もありますが

正しい情報を確認したうえで

判断していただければと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

薬と健康の週間