ワンストップサービスの対応状況

介護や介護予防のために必要な行政手続きを

オンラインで申請できるようにするサービスが

自治体ごとに進められています。

「介護ワンストップサービス」のご案内

 

ただし、令和2年6月30日時点で

電子申請を可能にしていた団体は

1,564団体ある中の83団体

全体のわずか9.6%となっていました。

 

そして今月の9月末までには

116団体(12%)

10月以降には

721団体(57.2%)

になる予定です。

 

10月以降に対応する団体については

その団体ごとに実施時期の目安を示していることと思います。

 

新型コロナウイルスの影響もあり

こういったオンライン対応の仕組みは

ますます進化のスピードを速めていくことと思います。

 

そもそも

このワンストップサービスについては

子育て支援から対応を広げており

子育てに関するオンライン対応については

6月末時点ですでに950団体(75.3%)

10月以降には1,312団体(91.6%)

すでに9割以上の団体で対応する予定となっています。

 

もちろん、医療の分野での活用についても

検討が進んでいます。

 

 

今後の生活をより便利に

より豊かなものにするために

オンラインサービスの活用は

必要不可欠なものになってくるかと思います。

 

そんな中、

「離れて暮らす高齢のご家族、ご親族のオンライン環境を整備してあげたくても、忙しくて手伝ってあげられない」

「ひとまず、パソコンやスマホを渡したけれど、まったく活用してくれない。」

などのお悩みのある方

当社でオンライン活用のサポートを行っております。

パソコン・スマホのサポートサービス

それぞれの状況に応じて個別にサポートしております。

少しでも心配なご家族がいる方、お気軽にご相談ください。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。