世界アルツハイマーデー・月間

1994年「国際アルツハイマー病協会」は

世界保健機関と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し

この日を中心に認知症の啓蒙を実施しています。

また、2012年からは9月を「世界アルツハイマー月間」と定め

様々な取り組みを行っています。

公益社団法人認知症の人と家族の会

 

認知症には、いくつかの種類があり

アルツハイマー型認知症が

その代表的な種類のひとつとなっています。

 

今年は、9月21日の世界アルツハイマーデー当日に

日本全国をオレンジ色にライトアップするという試みを実施し

その様子を生中継するとのことです。

※9月21日の18:40~

 

冒頭のリンクで貼らせていただいた

「認知症の人と家族の会」のサイトでは

地域の方々に認知症について理解していただくため

認知症に関する情報配信をしているだけでなく

 

認知症の方やそのご家族の方を支援するため

全国の物忘れ外来の一覧が確認できるようになっていたり

「各地のつどい」というページでは

認知症を介護する方の集まりや

認知症と診断されたご本人の集まり

男性介護者の集まり

などの開催情報もまとめられています。

各地のつどい

 

認知症という言葉自体は

多くの方が聞いたことがあるとは思いますが

認知症になると、どんな症状があるのか?

認知症の方と接する場合は、どう対応すればいいのか?

日常生活の中でどんな困りごとがあるのか?

などなど

その症状まで理解している人は多くないのかと思います。

 

 

認知症になっても

安心して暮らせる社会にしていくためには

多くの人に認知症の症状についても

理解してもらうことが必要です。

 

世界アルツハイマーデー

世界アルツハイマー月間

のようなイベントが

認知症について正しく理解してもらう

きっかけにしていけると良いですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。