介護サービスの名称は分かりにくい?

介護サービスには、様々な種類があります。

本来細かく分類されているサービスも、正式名称で伝えると分かりにくいため

分かりやすい名称に置き換えて、また類似したサービスをまとめて

表現することがあります。

 

例えば、よく使われるのが

「ヘルパーさん」だったり「デイサービス」

施設では「老人ホーム」と呼ばれるものがありますが、

それぞれ正式な名称は別にあり、いくつかの種類に分かれるものもあります。

 

「ヘルパーさん」は『訪問介護』『訪問入浴』『介護予防・日常生活支援総合事業』

「デイサービス」は『通所介護』『地域密着型通所介護』『認知症対応型通所介護』

「老人ホーム」に至っては『介護老人福祉施設』『介護老人保健施設』『介護療養型医療施設』『特定施設入居者生活介護』

などなど

 

介護サービスを利用する人にとっては、簡単な表現を使ってもらった方が理解しやすいですが、

実は、その内容は細かく分類され、それぞれが異なる基準のもと、サービスが提供されています。

 

 

本来は複雑なサービスでも、できるだけ利用する方に分かりやすく説明できるよう

地域包括支援センターという窓口があったり、ケアマネジャーがいたりするんですね。

 

介護サービスを利用する際、まずは自分で理解してからといろいろ調べる方もいますが、

調べれば調べるほど複雑すぎて混乱してしまう場合もあります。

まずは気軽に、地域の専門窓口に相談してみてください。

 

 

ちなみに、「ケアマネ」という呼び方も正式には『介護支援専門員』になります。

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。