介護サービス事業所の横のつながり

新型コロナウイルスの影響を受けて

介護サービスを提供する事業者は

万が一、感染者が発生した場合の対策について考え

実行してくれています。

 

都道府県によっては

介護施設において人員が不足した場合には

他の施設からの派遣を依頼することができるよう

仕組みを作る自治体もあります。

 

また、事業所側で感染者発生のため

サービスを休止せざるを得ない状況になった場合も

近隣の事業所同士で連携し

利用者に継続してサービスを受けられるよう

臨時的な引き受けを実施したという取組みもあります。

 

サービス事業者同士の横のつながりについては

「介護サービス事業者連絡会」などという名称で

事業者間の集まりが定期的に開催されていたりします。

 

ただし、こういった取組みは

必ずしも実施されているわけではなく

地域によっては連絡会がないエリアもあります。

実施している地域でも

サービス種類ごとで開催の有無があったり

特定の事業所のみでの開催だったり

一方で、自治体が積極的に関わりながら開催されているケース

などもあったりするようです。

 

一般的には、競合他社、ライバル会社

というようにもとらえられますが

介護サービスを提供するという目的は同じになります。

 

まだ、横のつながりが強くない地域においては

こういった状況の中でこそ

事業所間で協力し合えるよう

強いつながりを作れるように

できれば自治体とも連携しながら

検討できると良いかと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。