介護サービス負担割合増に対する意識調査

日本デイサービス協会では

「自己負担原則2割導入における利用者意向アンケート」を実施し

その結果を公表しています。

財務省からの自己負担原則2割導入提言 における利用者意向調査結果(日本デイサービス協会 pdf資料)

 

アンケートの実施期間は

2022年5月23日~6月5日

対象者は

デイサービス利用者と利用者家族

調査結果として気になる部分は

実際に2割負担となった場合に

今後のサービスの利用をどうするかという質問に対する回答

「今と変わりなく利用する」が全体の46.6%と最多となった。

一方、「利用回数を減らす」を筆頭に「利用を中止する」「利用時間を短くする」「加算サービスを止める・減らす」等、何らかのデイサービスの見直しを行うとした合計が30.4%となり影響の大きさが判明した。

また、「デイサービス以外のサービス利用を減らす」についても7.0%の方が選択した。

「今と変わりなく利用する」という回答が最多とのことだが

46.6%の割合

 

半分以上の方は

サービスの見直しをするか

どうするかわからない

という反応になります。

 

単純に

費用負担が増えれば

これまでの介護サービスの利用を制限する人が増える

と考えた場合

 

家で何もしない時間が増え

体力や筋力の低下

認知機能の低下につながる人も

増えることが考えられます。

 

そうなると

ますます介護は必要となり

家族の負担が増え

介護離職の問題にもつながりかねません。

 

また

家では介護が難しい場合には

介護施設への入所希望者が増え

介護費用負担まで増えるという

悪循環となることも想定されます。

 

今後の高齢化も考えると

社会保障費の抑制は必要なことかとは思いますが

サービスを制限してしまう人が増え

結局費用も増えてしまった

ということのないように

調整が必要そうですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

2倍の介護費用