介護経験者の再就職に40万円の支援

高齢者数、高齢化率の増加

要介護認定者数の増加が見込まれる中

介護する職員の不足が

大きな課題とされています。

 

その課題解決策の一つとして

潜在介護職員の再就職支援という取組みが行われています。

 

具体的には

「再就職準備金貸付事業」という

介護職としての経験がある人が

再び介護の仕事に就くことをサポートするための

貸付制度があります。

離職した介護職員の皆さまへ ~再就職準備金のご案内~

 

条件を満たせば

最大40万円の貸付が受けられ

さらに2年間介護業務に従事すれば

返還が全額免除されるというもの

 

実質、介護職員として2年間勤務を続けていれば

40万円を支援してもらえるという制度

 

なかなかの支援制度かと思います。

なお、申請の受付窓口は

各都道府県の社会福祉協議会となっています。

 

 

こういった制度も

今仕事をしていない方々に周知されているかというと

知らない人も多くいるような気がします。

 

介護事業所側も

こういった制度があることを理解し

介護の仕事を離れている人に

再就職を促すきっかけの一つとして

積極的に話をしてみても良いかもしれません。

 

特に、今の時期

コロナの影響で離職者も増えています。

年度が変わり

子どもが学校へ入学するなどで

働く時間が作れる人もいるかもしれません。

 

介護職員不足の解消に向けて

使える制度は十分に活用していきましょう。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

ご本人ご家族の要望