健康づくりに取り組む5つの実行宣言2025

「日本健康会議2021」が

昨日開催され

2025年までに目指す

5つの宣言が発表されました。

日本健康会議

 

宣言の内容は


<宣言1>

地域づくり・まちづくりを通じて、生活していく中で健康でいられる環境整備に取り組む自治体を1,500市町村以上とする。

<宣言2>

47都道府県全てにおいて、保険者協議会を通じて、加入者及び医療者と一緒に予防・健康づくりの活動に取り組む。

<宣言3>

保険者とともに健康経営に取り組む企業等を10万社以上とする。

<宣言4>

加入者や企業への予防・健康づくりや健康保険の大切さについて学ぶ場の提供、及び上手な医療のかかり方を広める活動に取り組む、保険者を2,000保険者以上とする。

<宣言5>

感染症の不安と共存する社会において、デジタル技術を活用した生涯を通じた新しい予防・健康づくりに取り組む保険者を2,500保険者以上、医療機関・薬局を20万施設以上とする。


となっています。

 

細かい達成要件や具体的な取組は

データポータルのサイトから確認できます。

日本健康会議データポータル

 

 

2025年に向けた方針として

コミュニティの結びつき

一人ひとりの健康管理

デジタル技術等の活用

に力点を置いた予防・健康づくりを推進する

という言葉もあります。

 

デジタル技術等の活用については

マイナンバーカードの活用

オンライン診療の活用

健康アプリの活用

などなど

これから推進されるものも多くあるかと思います。

 

デジタル技術の活用が

今後どのように広がり

また

デジタル技術活用のための支援体制が

どのように整備されていくのか

気になるところです。

 

 

「健康づくりに取り組む5つの実行宣言2025」

で掲げた目標の進捗状況は

データポータルのサイトでも

随時更新されるかと思いますので

今後もチェックしていきたいと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

日本健康会議2021