本格的に取り組む

高齢になって

時間の余裕がある方は

介護予防の取組みとして

地域にある活動の場に

参加されている方もいるかと思います。

 

厚生労働省では

全国にある”通いの場”を紹介するサイトを公開しています。

地域がいきいき 集まろう!通いの場(厚労省)

通いの場で行う活動は

それぞれの地域の特徴を活かした活動をしていることもあり

どこでも同じ活動をしているわけではありません。

 

その活動内容については

健康体操を行ったり

趣味活動を行ったり

食事会を行ったり

とさまざまです。

 

また

参加者についても

高齢者だけで行うものや

体操や趣味や料理の講師となる人が参加するもの

子どもや孫世代まで参加して世代間交流をうながすもの

などもあります。

 

もちろん

通いの場に参加して活動するだけでも

介護予防に効果があるとは思いますが

 

まだまだ元気で

これからも今の元気を維持しながら生活していきたい

という方には

できるだけ

本格的な”通いの場”に参加すると良いかもしれません。

 

例えば

体操であれば

スポーツの大会に参加して入賞を目指したり

趣味であれば

発表会で発表したり

展示会に出展したり

などが考えられます。

 

もしかしたら

本格的な活動の場は

”通いの場”ではなく

地域で自主的に活動している

グループや団体になるかもしれません。

費用はかかってしまいますが

専門的な教室に通うことも

選択肢に入ってくるかもしれません。

 

もし

本格的な活動の場で

本気で参加できることを見つけられれば

より活気のある生活ができ

心身ともに元気でいられるかと思います。

 

お試し感覚や楽しみ感覚も良いですが

目標を持って真剣に行う活動もまた

良いかと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

散歩で認知症予防