特別養護老人ホームの特例入所

24時間介護付きの施設を探す際には

いくつかの種類があります。

  • 特別養護老人ホーム(老人福祉施設)
  • 介護老人保健施設
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者住宅

など

 

その中の特別養護老人ホームは

月々の費用が安く抑えられ

医療行為を必要としなければ、継続して入所することが可能ですので

多くの入所希望者がいます。

ただし、入所対象者は、介護認定が要介護3以上の方となっています。

 

2015年の4月以前には、要介護1、2の方も入所できていたため

特別養護老人ホームは、”入所待ち”の方が多く

2014年の厚労省の発表では、最大52万4千人が待機しているとのことでした。

⇒ 特別養護老人ホームの入所申込者の状況(2014)

 

対象者が要介護3以上という条件ができてから

その待機者の数は少しずつ減少し

直近の発表資料では29万2千人となっています。

特別養護老人ホームの入所申込者の状況(2019)

 

今では、介護施設の数も増え

地域によっては、待機することなく入所できるケースもあるようです。

 

また、入所の条件として

要介護3以上の方が対象と記載しましたが

タイトルにあるとおり「特例入所」といって

要介護1,2の方でも特別に入所が認められるケースがあります。

 

条件は以下の通りになります。

  1. 認知症高齢者であり、常時の適切な見守り・介護が必要
  2. 知的障害・精神障害等を伴って、地域での安定した生活を続けることが困難
  3. 家族等による虐待が深刻であり、心身の安全・安心の確保が困難
  4. 独居や老老介護などで介護できる家族が近くになく、在宅での生活が困難

 

介護認定が要介護1,2で

対象にならないとあきらめている方も

その状況に応じて

特例入所の対象になる可能性があります。

 

上記条件を確認いただき

もしかしたら対象になるかもしれないと思ったら

担当のケアマネジャーや市町村窓口など

相談してみてください。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。