福祉用具の種類

介護が必要になったとき

福祉用具を使うことによって

利用者本人の動作を補助したり

介護者の介助を楽にすることができます。

 

福祉用具の種類を挙げると
・車いす
・介護用ベッド
・手すり
・歩行器
・杖
・移動用リフト
・ポータブルトイレ
・入浴補助用具
などなど

複数の種類があります。

また、細かい話をすると

福祉用具には、

介護保険を使ってレンタルできるものと

レンタルではなく購入するものとに分かれます。

青色の福祉用具がレンタルできるもの

オレンジ色の福祉用具は購入するものとなります。

 

さらに

利用者の介護度が軽度である場合には

レンタルできない福祉用具などもあります。

 

 

いろいろと種類や基準もあったりしますが

 

実際に福祉用具を活用する際は

ケアマネジャーや福祉用具専門相談員といった方々が

その人に合ったモノを提案してくれますので

安心してください。

 

 

さらに福祉用具関連の情報でいうと

公益財団法人テクノエイド協会という

福祉用具の普及促進を行っている法人があります。

テクノエイド協会

 

少し専門的な情報が多くなりますが

イベントやセミナー情報も多く掲載されていますので

チェックしてみてください。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。