65歳以上のインフルエンザワクチン接種は10月1日から

厚生労働省のサイトでは

「季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い」

として、その案内が公表されました。

厚労省サイト

 

新型コロナウイルスの影響も考慮され

10月1日からは65歳以上の方

10月26日からは医療従事者、基礎疾患のある方、妊婦、小学校2年生以下を優先的に

接種できることとなっています。

 

2019年~2020年のインフルエンザ患者数は

例年よりもかなり少なく728.5万人

前年は1176万人という数字だったため

約450万人減少していました。

ウェザーニュース(インフルエンザ患者数)

 

要因としては

多雨暖冬の影響もありますが

新型コロナ対策による効果が大きかったと言われています。

 

インフルエンザの感染経路も

新型コロナと同様に飛沫感染と接触感染となっています。

 

昨年と同様

それよりも早い時期から

手洗いうがい、咳エチケットの徹底が行われていれば

感染症も今まで以上に抑えられるかと思います。

 

早めのワクチン接種と

必要最低限の感染症対策の継続で

感染症予防をしていきましょう。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。