AIを活用した最新の見守りシステム

2020年7月31日、最先端のレーダー技術を用いた高齢者向け見守り機器を開発する米国サンフランシスコ発のスタートアップ Tellus You Care, Inc. は、その見守りセンサー「Tellus」(テラス)が日本の介護保険制度における、福祉用具の貸与認定を受けたことをお知らせします。

PRTIMESより

ホームページはコチラ

 

手のひらサイズの機械を電源に差し込むだけで

その部屋にいる方の

心拍数、呼吸、睡眠、転倒などのデータを取得し

その様子はスマートフォンでも確認できるとのことです。

 

離れて暮らしていても

日々の生活の動きが分かることで

安心感につながります。

 

また、生活リズムが見えることで

その変化にも気付きやすくなり

体調不良や見えない病気の進行などにも

早期に対応できるというメリットもあります。

 

今回、紹介させていただいた機器は

注意書きとして

「福祉用具貸与モデルは、対象者が部屋を出た時にアラートでお知らせするシンプルなモデルです。」

ということが記載されています。

福祉用具貸与として使う場合は、別の仕様になるようです。

 

 

「見守り機器」という広いジャンルで考えると

今回の商品以外にも多数の製品があります。

神奈川県が見守り・安否確認サービス企業の一覧という情報を公表していますので

参考になるかと思います。

センサー・機器等による高齢者の見守り・安否確認サービス実施企業一覧(PDF資料)

 

介護関連製品も

日に日に進化しています。

遠距離介護でお困りの方も

IT機器を上手に活用することで

介護離職の防止につなげることができます。

 

介護は突然はじまります。

もし今、少しでも不安に思うことがあるとしたら

見守りサービスだけでも

活用いただけると良いかもしれません。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。