コロナ慰労金の申請

「新型コロナウイルスの感染リスクがあるのに、職場が国の慰労金を申請してくれない」。病院や介護施設で働く人から、西日本新聞「あなたの特命取材班」に憤りの声が相次いだ。国の慰労金は新型コロナで負担が増す医療・福祉分野の働き手をねぎらうために給付されるが、受け取れるかは事業所の対応次第という。

西日本新聞

 

もし慰労金の申請、支給がまだの事業所は

都道府県のホームページを確認しながら

手続きを進めてみてください。

 

なお、都道府県により

慰労金の対象となる期間

慰労金の申請期限が異なりますので

ご注意ください。

 

関東一都六県のホームページを確認したところ

以下のようになっていました。

※都道府県名の部分に該当ページのリンクを貼っております。

対象期間 申請期限
神奈川県 1月15日~6月30日 2月末日
東京都 1月24日~6月30日 2月末日
千葉県 1月30日~6月30日 11月30日
埼玉県 2月1日~6月30日 11月30日
群馬県 2月11日~6月30日 2月26日
栃木県 2月11日~6月30日 2月末日
茨城県 2月11日~6月30日 12月末日

 

対象期間については、

当該都道府県における新型コロナウイルス感染症患者1例目発生日又は受入日のいずれか早い日

となっているため

期間の始まりは都道府県によって異なります。

終わりは6月30日までとなります。

 

対象期間の間に10日以上の勤務があれば

慰労金の対象となります。

現在退職している職員も期間中の勤務実績があれば

慰労金の対象となり、基本的には勤務先を通して申請できます。

勤務先からの申請が難しい場合は、個別の申請も可能です。

 

また、対象者については

事務職員、給食調理員、リネン業務員、運転手についても

該当すると記載されており

派遣労働者や業務受託者も対象となります。

勤務時間の長さも問われませんので、短時間勤務でも該当します。

慰労金抜粋版(第2版)

※リンク先の資料は厚生労働省の資料となります。

都道府県ごとに別途基準を設けている可能性もありますので

該当の都道府県にご確認ください。

 

すでに受付を終了している都道府県もありそうですので

ご注意ください。

大分県は申請受付終了しています

 

手続きに時間がかかる場合もあるかと思いますので

お早めに対応いただければと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

厚生労働白書

次の記事

正しい消毒液の使い方