ワクチン接種状況

7月に入ってから

新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向となり

今週に入ってからは

急激な感染拡大が続いています。

感染症対策のひとつとして

4回目のワクチン接種が

60歳以上の人や基礎疾患を有する人など

対象者を限定して行われていますが

 

対象範囲を

医療従事者と高齢者施設のスタッフなどにも拡大する方針が

示されているようです。

4回目接種対象拡大“審議会で了承なら速やかに手続き” 厚労相(NHKニュース)

 

 

4回目接種は

5月25日から9月30日までの予定で

進められていますが

 

すでに接種済みという方は

今のところ

まだ少ないようです。

新型コロナワクチンについて(首相官邸)

 

7月15日に公表されている

1回目から3回目までのワクチン接種状況をみると

高齢者に限っては

3回目まで90%以上の接種率となっていますが

 

全体で見てみると

1回目・・・82.0%

2回目・・・80.9%

3回目・・・62.3%

と示されています。

 

全体の3回目接種率が大きく下がっていることや

ワクチンに関する賛否の情報が様々あふれているため

 

4回目の接種は

するべきかどうか

迷われている方が増えているかもしれません。

 

基本的には

個人間のうわさ話のような情報や

情報元がはっきりしないような情報などには

振り回されないように注意いただければと思います。

 

 

ワクチンに関する情報は

厚労省の特設サイトでもまとめられています。

説明の根拠となる資料などもチェックできますので

参考になるかと思います。

新型コロナワクチンQ&A(厚労省)

 

実際にワクチンを接種するかどうかは

個人の判断になりますが

基本的な感染症対策については

しっかりと継続していきたいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

10年をどう生きるか

次の記事

運動系介護サービス