介護・福祉インターンシップ

滋賀県では

介護や福祉の職場の仕事経験を通して

福祉の仕事の魅力ややりがい、具体的な仕事の内容や現場の雰囲気などを知っていただくために

助成金付きのインターンシップを受け付けています。

助成金付き♪かいご・ふくしインターンシップ受付中です!

 

 

インターンシップとは

簡単にいってしまえば、職場体験のことになります。

その職場体験に、滋賀県では

交通費、食事代として

1日3,000円の助成金をつけています。

 

実際に助成金を活用するためには

指定された事業所で体験をする必要がありますが

介護であれば33カ所の事業所が登録されていますので

少なからず選択肢もあるかと思います。

体験する側としては

むしろ、県から認定された事業所として

安心して体験していただけるかと思います。

 

一方で、介護事業者にとっては

人材不足の解消や将来の人材採用に

つなげることが可能になるかと思います。

 

県が指定する要綱を満たせば

申請をして指定事業所としての登録が可能です。

 

現状であれば

新型コロナウイルスの影響で離職し

仕事探しに困っている人もいるかと思います。

助成金を活用しながら就職活動ができるという制度は

今まさに、有効な仕組みかと思います。

 

また、今後の介護人材の確保のためにも

今すぐではなくても

自治体と連携できる体制を作っていくことは

大切になるかと思います。

 

 

自治体毎で行う

うまく活用できそうな仕組みや制度は

ぜひ全国でも実施していって欲しいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。