動画で研修

5月1日、YouTubeの厚生労働省チャンネルに

訪問介護職員のためのそうだったのか!感染対策!(あなたが利用者宅にウイルスをもちこまないために)

という動画が公開されました。

https://youtu.be/HB313h4EOvM

9分ほどの動画ですが、感染症対策のポイントをまとめて解説してくれています。

短い動画ですが、研修用として活用できるかと思います。

 

 

介護事業所では、定期的に研修や会議など行う機会があるかと思いますが、

基本的には、決められた時間に職員全員もしくは集まれる職員が一か所に集まって

開催していることが多いかと思います。

 

ただし、在宅ワークが進む今、

今後の研修や会議の在り方について、検討し直す必要があるかと思います。

24時間の介護施設であれば、研修や会議の当日に勤務に入っている職員は当然参加できません。

また、社員だけが集まり、パート職員は参加できないという状況もあるかと思います。

 

全員が一か所に集まるのが当たり前

ではなく

動画を活用して研修を行ったり

リモートでつないで会議を行ったり

という状況を当たり前にすることも考えられるかと思います。

 

働き方改革、ワークライフバランなどを考えた場合にも

検討する必要があるかと思います。

 

コロナが落ち着いたら今まで通りに戻す

ではなく

新しい形に進化して対応することを検討できると良いかもしれません。

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。