囲い込みを意識しすぎない

介護サービスを利用する際に

一つの法人が

同じ法人内のサービスを利用してもらうことを

サービスの”囲い込み”と言われることがあります。

 

例えば

担当のケアマネジャーが

自身の法人内のデイサービス利用をすすめることなど

”囲い込み”と言われたりします。

”囲い込み”という言葉を知ると

同一法人内への紹介が全て

囲い込みだ!!

と思ってしまう人がいるかもしれませんが

全てが囲い込みというわけではありません。

 

あくまで

利用者にとって適切なサービスは何かを考えた時に

同一法人内のサービスが当てはまる

という場合も少なくありません。

 

また

地域によっては

近隣エリアで同様のサービスを提供している事業所が少なく

その結果

自社サービスになる場合もあります。

 

そういった外部環境以外にも

自社サービスの方が

サービス内容や職員の情報まで理解しているため

紹介しやすいということが考えられます。

 

むしろ

同一法人内のサービスを利用することで

他社のサービスを利用するよりも

情報共有がしやすく

何かあったときの対応もタイムリーに行える

というメリットがあります。

 

状況に応じて

同一法人内のサービスを利用できたほうが

利用者にも家族にも

メリットが増える場合も多くあります。

 

 

囲い込みが嫌だから

できるだけ他社サービスを使おう

とは考えずに

利用者にとって

必要なサービスは何か

気持ちよく利用できるサービスは何か

で判断いただけると良いかと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

介護サービスの選択肢