希望すれば布マスクが配布されます

布マスクの配布を希望する

介護施設、障害者施設、児童施設等は

厚生労働省へ申請すれば

無償で配布してもらえます。

厚生労働省のサイトはこちら

 

8月5日から受付開始しており

申請のためには、様式の入力が必要になりますが

様式は非常にシンプルになっており、簡単に作成できるかと思います。

 

今は、マスクが手に入らないような状況ではないため

必要としているところは少ないかもしれませんが

無償で配布してもらえます。

 

コロナの影響により、経営が厳しくなっている事業者は少なくないかと思います。

無償でマスクの備蓄ができるのであれば、

小さいかもしれませんが経費の削減にもつながります。

 

また、国に備蓄したままにしているよりも

緊急時、すぐにでも必要とする場所で保管されていたほうが有意義です。

 

なお、申し出から配布までは概ね3週間の見込みとの記載もあります。

必要になってから申請しても、実際に手元に届くまでには時間がかかります。

事業所を守るために、利用者を守るためには

早め早めの対応が大切です。

 

すでに十分な備蓄が確保できている

という事業者以外は、

早めに申請していただくと良いかと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。