感染症対策の再徹底

11月13日、日本国内の新型コロナウイルス感染者数は1,705人となり

12日の1,623人に続いて2日連続で過去最多人数を記録したとのことです。

NHKNEWS

厚生労働省(感染症について)

 

今週はじめに

厚生労働省から介護事業者向けの

研修プログラムが公開されたましたが

あらためて感染症対策の徹底が大切になってくるかと思います。

介護事業者の方は

この機会にぜひ研修動画をチェックしていただければと思います。

 

それと同時に

以前あったように自粛ムードばかりが広まることで

高齢者の外出控え、介護サービスの利用控えにつながることが考えられます。

再び、自粛生活が始まれば

身体機能の低下や認知機能の低下が心配されます。

 

自粛ムードを強くアピールすることよりも

しっかりと感染症対策を徹底すること

対策を徹底したうえで、活動の機会を減らさないことも

高齢者にとっては大切なことかと思います。

 

また、感染症対策のひとつとして

新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」があります。

厚生労働省(COCOA)

 

13日17時の時点で

国内ダウンロード数は約1,975万件で

国内の約16%とのことです。

 

自分自身が感染している可能性がないか

万が一感染源になってしまうことがないか

自分を守るためというよりも

自分以外の誰かを守るためにも

活用できるものかと思います。

 

十分な効果を出すためには

より多くの人にアプリを活用していただく必要があります。

まだ、ダウンロードしていない方がいれば

上記、厚生労働省ページのリンク先からもダウンロードできますので

実施してみてください。

 

また、周囲の人で活用していない人がいれば

ダウンロードをすすめてみてください。

 

あらためて、感染症対策を徹底していきたいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。