感染発生施設への職員派遣

高齢者施設での

コロナ感染者や濃厚接触者が増加し

デイサービスなどの通所系施設や

ショートステイなどを行う事業所は

サービスを休止するところも増えているようです。

 

また

職員の子どもが通う

保育園や幼稚園の休園

学校の臨時休校や学級閉鎖なども影響し

職員が出勤できなくなり

職員不足のため休止するところもあるようです。

 

ただし

入居施設に関しては

入居者がいる限り

食事・入浴・排泄などの介護サービスが必要とされ

職員が不足しているからといって

サービスを休止することはできません。

 

そこで

職員不足の問題に対応するため

行政が主体となって

応援職員の派遣事業を実施している地域があります。

新型コロナウイルス感染症発生時における職員の派遣に関する協定(東京都)

介護施設におけるクラスター発生に備えた互助ネットワークについて(埼玉県)

 

入居施設で

事業の存在は知っていて

まだ登録できていない事業所などあれば

登録いただけると良いかと思います。

 

 

また

地域によっては

事業は設けているが

活用が進まないという課題もあるようです。

 

活用が進まない要因のひとつに

登録できる介護施設を公的施設に限定していたり

応援職員を有資格者に限定していたりと

事業に制限を設けていることが考えられます。

 

幅広くネットワークを作るため

制限をなくし

できるだけ多くの事業所が

お互いに協力しあえる体制が作れるよう

見直していただけることを期待したいです。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

ヘルパーへの支援