散歩は生活維持に必要な外出!!

自粛ムードが高まる中

「必要に迫られなければ、一歩たりとも外出してはいけない」

「散歩するのも極力控えた方が良い」

と思っている人もいるのではないでしょうか?

 

散歩は控えなくても大丈夫です。

散歩のために外に出ることは禁止されていません。

むしろ、健康を目的に日課として散歩をしている方は特に

継続して散歩を行ってください。

 

 

大阪市では

緊急事態宣言を受けて改めて自粛要請について市のホームページに掲載しています。

 

市民の皆さんへ

外出自粛要請

「不要不急」より、さらに一歩踏み込んで、「生活の維持に必要な最低限の外出」に限定してください。

特に、「密閉」 「密集」 「密接」の3つの密の条件が重なる夜の繁華街への外出の自粛をお願いします。

「罰則がない」から従わないのではなく、自分のため・家族のために人との接触を避けてください

生活の維持に必要な外出とは

  • 生活必需品(食料品、日用品、医薬品等)の買い出し
  • 医療機関への通院、散歩・運動
  • 職場への出勤  など

 

 

散歩・運動の部分を特に強調させていただきました。

 

自粛ムードが高まり過ぎて、

とにかく家から出てはいけないと思い込み

散歩まで自粛している人が多くいるかもしれません。

 

集団での行動・人混みを避け、個人で健康のために行う散歩は制限されていません。

生活の維持に必要な外出ですので、ぜひ継続してください。

 

普段より活動量が減ってしまえば、

体力は落ち、筋力も低下し、血流も悪くなっていきます。

体の動きは鈍くなり、動きたくても動けないような状態にもなりかねません。

ますます、介護が必要な人が増えてしまう結果につながるかもしれません。

また、コロナ以外の病気の進行にもつながりかねません。

 

免疫力を高めるためにも適度な運動は必要です。

精神衛生上も外に出て太陽の光を浴びることは大切です。

 

 

新型コロナウイルスは

飛沫感染と接触感染により感染するものとされています。

 

散歩の際は、できるだけマスクをしてお出かけください。

集団を避け、他人との距離を2メートル以上とってください。

途中休憩で腰を掛けたり、手すりを触ったりすることがあるかもしれません。

自宅に戻った際は、手洗いうがいをしっかり行ってください。

 

衛生面に十分配慮していただいたうえでの散歩は問題ありません。

散歩を控える必要はありません!!

健康維持のための散歩は、ぜひ継続してください!!

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

感謝の拍手