整理整頓のススメ

以前のブログで

有料老人ホームなどの介護施設を見学する際に

清潔感が大切ということをお伝えしました。

施設見学の際のポイント(清潔感)

 

綺麗な状態を常に保つことで

異常に気づきやすくなる

という内容でした。

もちろん介護施設に限った話ではなく

家の中でも

常に清潔な状態を保つこと

整理整頓をしておくことは

大切です。

 

モノがあふれている状態だと

何かにつまずいて転倒したり

何かを踏んだ時に滑って転倒したりする

危険性もあります。

 

また

必要なものが見つからなくなってしまったり

大切なものが埋もれてしまったりする可能性もあります。

 

そうならないためにも

整理整頓は大切です。

 

例えば

離れて暮らす両親や一人暮らしの高齢者がいる場合

訪れた際に毎回

整理整頓しておけば

何か変化があったときに

すぐに気づけるようになります。

 

特に認知症の心配があれば

以前より家の中が汚くなっていたり

同じものがいくつも購入されていたり

夏場に冬物の衣類が出されていたり

などという変化があれば

早めに主治医や地域包括支援センターなどに

相談することができます。

 

整理整頓も

転倒リスクを減らし

認知症の早期発見にもつながると考えて

こまめに実施していきたいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

お薬の管理方法