民生委員・児童委員の日

全国民生委員児童委員連合会では、毎年、5月12日を「民生委員・児童委員の日」、また、この日から1週間(5月12日~18日)を「活動強化週間」と定めています。民生委員・児童委員の存在について地域の住民や関係機関・団体等に理解を深めていただき、信頼関係を築くことを目的に、さまざまなPR活動等を展開します。

民生委員・児童委員について(厚労省)

令和4年度「民生委員・児童委員の日」について(全国民生委員児童委員連合会)

「民生委員」

その言葉は聞いたことがあるけれど

具体的に何をしている人かは分からない

という人も少なくないかと思います。

 

厚生労働省のサイトには

民生委員は、厚生労働大臣から委嘱され、それぞれの地域において、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努める方々であり、「児童委員」を兼ねています。

と示されています。

 

高齢者支援の分野での

具体的な活動をみてみると

  • 高齢者の見守り支援
  • 高齢者が集まれる趣味活動の場を準備
  • 地域の避難訓練の実施

など行っているようです。

 

1977年(昭和52年)に

毎年5月12日を「民生委員・児童委員の日」と定められ

 

5月12日~18日は

「活動強化週間」と定めて

民生委員・児童委員の存在や活動を

より多くの人びとに知ってもらえるよう

全国各地においてさまざまな広報活動が展開されているとのことです。

 

正直

民生委員さんの活動は

まだまだ地域の人に知られていないことも多いかと思います。

 

介護福祉分野においては

民生委員さんの活動が

大切な役割を担う部分もありますので

ぜひ多くの人に知ってもらえるよう

有意義な広報活動を行っていって欲しいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

制度を正しく理解する