決められた介護費用

介護サービスを利用するときに

気になることのひとつとして

利用料金があるかと思います。

 

介護サービスといっても

自宅で必要なときに必要なサービスを利用するケースと

介護施設に入所して24時間いつでも介護が受けられるようにするケース

で大きな違いがあります。

介護施設に入所する場合は

その施設の種類によって費用は大きく異なります。

 

自宅で

ヘルパーのサービスを利用したり

デイサービスを利用する場合には

基本的には国や自治体で決められた費用となりますので

サービスの種類によって費用は異なりますが

同じサービス種類であれば

基本的には同様の費用になります。

 

ただし

サービスを利用する時間の長さ

デイサービスであれば規模や定員数によっても異なります。

 

また

各事業所の

人員体制やサービスメニューなどによっても

費用が異なってきます。

 

介護保険の費用以外に

デイサービスであれば食費やおやつ代など

請求されるものもあるかもしれませんが

 

食費やおやつ代などの

介護保険外の費用についても

事業所は行政への届出が必要となっており

必要以上の費用を請求することはできないようになっています。

 

介護サービスを利用する際

その費用は気になるところですが

 

自宅を中心に介護サービスを活用する場合には

事業所によって大きく料金が異なる

ましてや

ぼったくられるようなことは無いはずですので

安心して利用いただければと思います。

 

 

なお

利用者同士では

その方の所得によって

介護保険の負担割合が1割~3割という違いがありますので

利用者同士で料金を比較した場合には

負担割合による違いが発生しますので

ご理解いただければと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

介護の相談窓口