温情裁判の話

ご存じの方も多いかもしれませんが

以下のような話がありました。

 

介護のために休職したものの、そのまま退職。

介護離職したが、生活苦により事件となっております。

 

これはおそらく氷山の一角で

同様の事件や事故は今もニュースで報道され

表には出てこないところでも

現在進行形で苦しんでいる人も

少なからずいることと思います。

 

もっと周りで支えられる人がいたら

地域で支える仕組みができていたら

そんなことを考えてしまいます。

 

介護で困る人、苦しむ人が増えないよう

支えるため仕組みづくりを考えていきたいと思います。

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。