熱中症を防ぐために知っておきたいこと

すでに最高気温が35℃以上となる

猛暑日を記録する地域もあり

熱中症への警戒が呼びかけられています。

熱中症予防については

厚生労働省でも

熱中症予防のための情報や資料をまとめたページを公開しています。

熱中症予防のための情報・資料サイト(厚労省)

 

また

環境省では

全国の地域ごとの暑さ指数を

時間ごとで確認できるページを公開しています。

熱中症予防情報サイト(環境省)

 

そもそもの

「暑さ指数とは?」という情報や

「全国の暑さ指数ランキング」などの情報も

見ることができます。

 

 

基本的な熱中症対策としては

  • こまめに水分補給(1日あたり1.2ℓを目安に)
  • 扇風機やエアコンで温度をこまめに調節
  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
  • 外出時は日傘や帽子を着用
  • 天気のよい日は日陰の利用、こまめな休憩
  • 吸湿性・速乾性のある通気性のよい衣服を着用
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

など挙げられています。

 

すでに暑い日が連日続いていますので

熱中症には十分注意して

のどの渇きを感じていなくても

こまめな水分補給など

意識していきたいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

熱中症を知る