病床使用率

厚生労働省は11日、新型コロナウイルス患者向けの病床使用率(9日時点)を公表する。国内の1日の感染者数は3千人に迫っており、全国各地で医療現場への負担が高くなっている。

東京新聞

 

公表ページは以下のサイトから

新型コロナウイルス感染症患者の療養状況 病床使用率

  • 入院患者病床使用率
  • 重症患者病床使用率
  • 宿泊療養施設居室使用率

が見られるようになっています。

 

9日更新時点の全国の状況を見ると

入院感謝病床使用率は

北海道55%、大阪府56%という数字がありますが

使用率が一番高いのは

兵庫県69%

とびぬけて高い数字を示しています。

 

重症患者病床使用率は

大阪府55%が最も高く

東京都55%、愛知県と沖縄県で40%となっています。

 

全国で医療体制がひっ迫しているという状況が

こういった数字からも見てとれます。

 

現状、こちらのサイトは一週間ごとの更新となっているようです。

 

以前にも紹介しましたが

NHKの特設サイトでは

様々な情報を日々更新してまとめてくれているので

参考になります。

NHK特設サイト

 

 

細かい数字が明らかにされていますが

これ以上医療体制をひっ迫させないために

私たちにできることは

しっかりと感染用対策を行い

新型コロナウイルスに感染しないこと。

 

飛沫感染を防ぐためにマスクをする、咳エチケットの徹底

接触感染を防ぐためにこまめにしっかりと手洗いを行う

3つの密(密閉、密集、密接)を避けること

 

しっかり行っていきましょう。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。