超高齢社会の課題を解決する国際会議

令和3年11月15日、16日の2日間

日本経済新聞社と経済産業省が主催する

「超高齢社会の課題を解決する国際会議(International Forum on the Super Aging Challenge) 」

が開催されています。

超高齢社会の課題を解決する国際会議

 

・デジタルヘルスとイノベーション
・健康への投資の可能性について
・インドセッション
・認知症のリスク低減と社会実装
などをテーマにして

基調講演やパネルディスカッション等を行い

各分野の現状や課題

今後の取組等について議論されています。

 

会議の登壇者の情報を見ると

日本の大学教授や病院長

健康福祉医療にかかわる団体や企業の代表者

などの名前とともに

アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリア

シンガポール、インドと

世界各国から有識者が参加しています。

 

高齢化の課題については

日本だけの課題ではなく

世界中で

どう高齢化社会を迎えるか

どう健康寿命延伸につなげるか

が検討され、研究がすすめられているようです。

 

日本が

世界に先駆けて超高齢化社会を迎えていますが

こういった国際会議をきっかけにして

海外での研究結果や取組事例なども

共有、参考にさせていただき

健康寿命延伸につなげていきたいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

暮らしを支える仕事

次の記事

SDGsと介護