過去最多の高齢者数

20日の「敬老の日」を前に、総務省がまとめた推計によりますと、日本の65歳以上の高齢者は3640万人で過去最多を更新し、総人口に占める割合も過去最高の29.1%で、世界で最も高くなっています。

65歳以上の高齢者 3640万人で過去最多を更新 総人口の29.1%に(NHKニュース)

 

このニュースをみると

日本人は長生きできるようになって良かった

医療技術が発展して病気も怖くなくなってきた

などのプラスの面も考えられますが

 

一方で

介護が必要な人が増えてきそう

医療や介護、年金などの社会保障費の負担が増えてしまう

などのマイナス面も考えられます。

 

 

そんなマイナス面をカバーする部分としては

一方、働く高齢者の数は、去年、906万人で、17年連続で増加して過去最多となり、働く人全体に占める割合も13.6%で、過去最高を更新しました。
また、高齢者の就業率は25.1%で、9年連続で増加し主要国の中でも高い水準となっています。

 

単純に高齢者の割合が増えているだけではなく

元気な高齢者

働く高齢者も増えているということです。

 

いくつになっても元気で就労の機会が作れていれば

介護や医療の負担も少なくなり

経済的な不安も軽減できます。

 

2021年4月から施行された

高年齢者雇用安定法により

70歳までの就業確保が努力義務とされたことも

影響してくるかと思います。

 

継続して働ける場所

働く機会があることで

高齢になっても

健康に配慮し

生きがいをもちながら

生活ができるかと思います。

 

健康で長生きのためには

継続して長く働ける環境作りも大切ですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

誤情報への注意喚起

次の記事

高齢ギネス記録