都道府県別「医療費」ランキング

厚生労働省「医療費の動向」(令和元年)と総務省統計局「人口推計」より

都道府県別の1人当たりの医療費ランキングは以下のようになります。

 

一方で最も少ないがの「埼玉県」で27.74万円。

「千葉」29.53万円、「神奈川県」29.85万円、「滋賀県」30.14万円、「茨城県」30.37万円と続きます。

ライブドアニュース

 

都道府県別の医療費が

トップと最下位で約18万円もの格差があるというニュースでした。

 

さらに、少し古い情報になりますが

病床数と医療費は比例するという統計結果があります。

財政制度分科会(平成30年10月30日開催)資料一覧

 

 

このような統計から

たくさんの病床数を確保し、医療費も費やしている都道府県ほど

平均寿命も上位か?

というと

実は、全く比例していないという結果があります。

 

1位の高知県については

平均寿命、健康寿命ともに低い位置にある

という統計も出ています。

こちらの書籍からの情報

 

 

今でこそ

新型コロナウイルス感染者受入れのため

病床数が必要と言われていますが

本来であれば

病院の再編や統合についての検討が行われるはずでした。

 

今後ワクチンができ感染症が落ち着いたとき

本当に今ある病床数が必要なのかどうか

再検討する必要があります。

 

それと同時に

増え続ける医療費に対して、どう対応していくべきか?

予防医療や介護予防のために何が必要か?

ということも考えていく必要があるのかと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。