電子処方箋の普及促進

オンライン化やデジタル活用の普及が進められる中

病院から受け取る薬剤情報である「処方箋」も

電子化に向けた取組みが進められています。

 

具体的には

令和4年の夏を目途に

運用開始を目指し

仕組み作りが進められています。

電子処方箋(厚生労働省)

 

 

電子処方箋の実現により、期待できる効果としては

・調剤された薬剤を受け取る際に、紙の処方箋の持参が不要
・遠隔診療の際、処方箋の原本を電子的に受け取ることが可能
・薬を受け取る際の待ち時間の短縮
・複数の医療機関・薬局間での情報の共有が進むことによる重複投薬防止
・患者自らが直近の処方・調剤情報や過去の薬剤情報をトータルで一元的に確認することが可能
・服薬情報の履歴を管理できるとともに、必要に応じて医療機関、薬局等から各種のサービスを受けることが可能

などがあります。

 

また、厚生労働省の資料では

医療機関や薬局側のメリットも多く示されています。

 

 

さらに、この電子処方箋の運用開始を前にして

大手調剤薬局などでは

お薬を宅配するサービスを広げる動きも出ているようです。

クオールや日本調剤、処方薬宅配 オンライン服薬指導も(日本経済新聞)

 

 

オンラインでできることを

うまく活用していくと

生活もより便利になりそうです。

 

高齢者にとっては

まずはデジタル機器の活用が

ハードルになってくる場合もありますが

これから活用の幅が広がってくることは明らかです。

 

できるだけ早い時期から

スマホやパソコンに慣れていただけると

良いかと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

処方箋送信アプリ