3月は自殺対策強化月間

我が国では、自殺対策基本法に基づき、毎年9月10日から16日を「自殺予防週間」、毎年3月を「自殺対策強化月間」と定めて、国、地方公共団体、関係団体等が連携して「いのち支える自殺対策」という理念を前面に打ち出した啓発活動を推進しています。

自殺対策(厚労省)

 

ということで

今月は「自殺対策強化月間」と

定められているようです。

自殺に関しては

世代別でみると

特定の世代で際立って多いということもなく

20代以上の世代では

どの世代も同じような自殺死亡率となっています。

自殺者数(警察庁)

 

警視庁のサイトには

詳細な資料がまとめられており

自殺の要因についても

健康問題

家庭問題

経済・生活問題

などなど

どんな問題が影響しているかについても

世代別にみることができます。

 

健康や家庭の問題の中には

介護を原因とするものも

含まれているのかと思います。

 

 

厚労省のサイトを見てみると

いくつかの自殺対策の動画などが掲載されています。

身近な人のちょっとした変化に気づくこと

その人の声に耳を傾けること

温かく見守ること

 

寄り添おうとする気持ちが伝わるだけでも

その人にとって大きな支えになることがある

とのことです。

 

インターネット広告や

SNSを通じた相談窓口なども

用意されていますが

高齢者にとっては

目が届きにくい場所かもしれません。

 

高齢者世帯や

高齢者の一人暮らしが増える中

高齢者の自殺という問題に対しては

地域の中で声をかけ合いながら見守り

支え合うことが重要になるかもしれません。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

おうちのスマート化

次の記事

東日本大震災から11年