2007年に財政破綻した夕張市の医療・介護体制

北海道夕張市は

2007年に財政破綻をしました。

 

その結果

171床あった市内唯一の市立総合病院が閉鎖され

19床の診療所と40床の老人保健施設に縮小されました。

救急病院がなくなり、救急車の病院到着時間は2倍になりました。

さらに、当時の夕張市は高齢化率が47%と日本一でした。

 

しかし、その後の状況をみると

死亡数は横ばい

在宅患者さんは増え、介護施設での看取りも増えました。

救急出動は半分に減り

市の医療費は削減されました。

 

もちろん、介護費はその分上がりましたが

医療費の削減分のほうが大きく

総合的にコストダウンとなったそうです。

 

市内唯一の総合病院がなくても

死亡率は変わらず

医療費が削減できる

という事例があります。

 

上記内容は

夕張市立診療所に勤務した医師

森田洋之氏の著書

破綻からの奇蹟~いま夕張市民から学ぶこと~

から引用しています。

 

現在の日本の医療体制について

考えさせられる内容となっています。

 

新型コロナウイルスの影響を受けて

病院の受診控えが増え

健康状態の悪化や持病の重症化が心配されていました。

 

しかし、死亡数という数字の部分だけみると

コロナ感染症があり

受診控えがあったにも関わらず

前年と比べてほぼ変わらない数字を示しています。

人口動態調査

人口動態統計速報(8月分)

 

受診控えが増えることで

病院の経営状態の悪化を心配する声もありますが

 

もしかしたら

今ある病院数、ベッド数が

本当にどうしても必要な数なのか

毎年増え続ける医療費についても

本当に必要とされている医療なのか

考える必要があるのかもしれません。

 

もちろん

通院を控えることにより

苦しんでいる人もいるかと思います。

そして、今後の数字が大きく変わる可能性もあります。

 

 

ただ、夕張市では

病院が無くても市民がいきいきと暮らしている

という現実がありました。

 

著書には、そんな夕張市の実情が細かく示されています。

記載しているのは、書籍の内容のほんの一部ですので

気になる方はぜひご一読ください。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。