BPSDとは?

BPSDとは・・・

「認知症の行動と心理症状」を表わす英語の「Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia」の頭文字を取ったもの。これを直訳すると「認知症患者にしばしば生じる、知覚認識または思考内容または気分または行動の障害による症状」となります。

具体的には、心理症状として、妄想、誤認、幻覚、うつ、アパシー(無気力)、不眠、不安があげられています。行動症状として、徘徊、焦燥・攻撃性、介護に対する抵抗、不適切な性的行動、破局反応、夕暮れ症候群、叫声、不穏、文化的に不釣り合いな行動、収集癖、ののしり、つきまといが示されています。

~認知症ケア研究誌より抜粋~

 

簡単に言ってしまえば、認知症の方の特徴的な症状になります。

 

ただし、これらの症状の一部がみられたからといって、すぐに認知症と判断しない方が良いかと思います。

例えば、生活習慣の変化から、無気力や不眠の症状がみられる場合があります。

また、体調の変化から一部の症状がみられることもあります。

以前にも記載しましたが、耳が遠くなることによって、誤認や攻撃性につながることもあります。

難聴が認知症と誤認される?

 

安易にBPSDだと判断してしまうことは、

ご本人の自尊心を傷つけたり、ストレスによるさらなる症状の悪化にもつながりかねません。

BPSDという言葉を聞いたとき、その症状が本当に認知症からくる症状なのかどうか

お医者さんや介護の専門家に、改めて相談してみても良いかと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。